公益社団法人商業施設技術団体連合会

「商業施設士補 資格講習会」(平成30年度・後期/平成31年 2・3月期)

平成30年度・後期(平成31年 2・3月期)の「商業施設士補 資格講習会」の開催日程が決まりました。

講習概要などは、以下をご参照ください。
  ↓  ↓
http://www.jtocs.or.jp/pages/cmspace_ad/cmspace_ad03-01.html

2018/12/11(Thu) 14:30    no. 21

機関誌「商業施設」2018-12月号 発刊

機関誌「商業施設」2018-12月号が発刊されました。

今回のラインナップ(目次)は、次のとおり。

p1〜2 話(wa)
 よもやまばなし 第5話

p3〜8 特集PART1・INTERVIEW
 Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)

p9〜12 波(デザイン思考)
 ミュージアムデザインの定理もしくは作法 : 田中俊行

p13〜16 WORKS(商業施設士のしごと)
 子どものための施設づくり : 森田浩庸

p17〜18 Market・Trend・Challenge
 マーチャンダイジングの可能性・第1回 : 荻野健一

p19〜20 国・地域・社会の動き
 クラウドファンディング : 秋山訓久

p21〜24 特集PART2
 シリーズ「安全安心・快適の基本を見つめ直す(5)」/防災と安全:水フィルターを用いた調理器具の火災予防対策とメンテナンス : 鈴木俊道

p25〜26 (街で見かけた)新業態を探る
 民家をリノベーションした新感覚飲み屋街の誕生「ほぼ新宿のれん街」 : 大滝道晴

p27 ことばKnoeledge
 横文字語の意味 : 古川紳太

p28 トレンドなう!
 知育玩具 : 板橋智美

p29〜30 くらしの情景
 わが国と共に歩んだ、隣人の街 横浜中華街 : 渡邊あゆみ

p31〜32 風-社会の研究室-
 えどコレ!〜伝統工芸保存・継承の試み : 山本一吉

p33〜34 TECHNICAL・CONTENT
 ホーロー内装材「Emawall エマアォールインテリアタイプ」 : 大滝道晴

p35〜36 空間へのアプローチ
 空間を測る・空間を読む : 金城正紀

p37〜38 商力(あきないぢから)
 移動販売 : 大滝道晴

p39 BOOK案内
 「先人の知恵 今人の工夫」、「ワインビストロ・ワインバル」、「繁盛する小さな飲食店のつくり方」

p40〜43 連合会からのニュース

p44 広告:年鑑日本の空間デザイン2019/六耀社

p45〜46 新しい活動をめざして「商業施設士」のブランディング

p47〜48 時代を超えて。-こだわりの店-
 ミハマ元町本店 : 渡邊あゆみ

p49〜50 若きデザイナーの発想とその原点
 客足途絶えぬ公共図書館 : 小関理恵

p51〜52 演/遊
 草木染めに惹かれて : 佐渡勝行

p53〜54 人と場
 最初に川ありき/都会の川代表・渋谷川リバーサイドを歩く


27-s-1.jpg

2018/12/05(Wed) 22:00    no. 27

課題発表(平成30年度・後期「商業施設士資格試験」・『構想表現(実技)試験』)

12月16日に実施する、平成30年度・後期「商業施設士 資格試験」・『構想表現(実技)試験』の課題発表です。
http://www.jtocs.or.jp/pages/cmspace_d/cmspace_d02-05-3002.html

2018/11/20(Tue) 09:05    no. 20

IDM TOKYO 2018 が開催されます。

IDM(Interior Design Meetinng)TOKYO 2018が開催されます。

様々な目的や指針を持つ、インテリア関連団体(現在21団体よりの有志からなる)が、ゆるい連携をし、団体間の相互理解、協力、交流を図る中で、インテリア領域の重要性を社会に発信し、社会資産を造るプロとしての立場を確立するために発足した、新しい動きがなされています。

交流会、セミナー、シンポジウム、教育機関との連携、アライアンス事業、デザイン展開催等が計画されています。

昨年のIDMキックオフイベントでは、各団体による9つのセミナー、交流会が開催され、約400名の参加者をがあり、関心の高さが感じられました。

今年は、さらにその動きを発展させ「IDM TOKYO 2018」と称し、デザイン展、セミナー、交流会を11/30〜12/1、スパイラルガーデンにて(青山)開催されます。

↓詳しくは、コチラを↓
http://idm-tokyo.com/

2018/10/19(Fri) 14:27    no. 19

機関誌「商業施設」2018-10月号 発刊

機関誌「商業施設」2018-10月号が発刊されました。

今回のラインナップ(目次)は、次のとおり。

p1〜2 話(wa)
 よもやまばなし 第4話

p3〜8 特集PART1・INTERVIEW
 PLAYatre TSUCHIURA : 林 航平(株式会社アトレ 営業課)

p9〜12 WORKS(商業施設士のしごと)
 商業施設士が作る 日本の文化を伝える本 : 小関理恵

p13〜14 Market・Trend・Challenge
 データ活用法・第13回 : 角口多可志

p15〜16 国・地域・社会の動き
 民泊 : 秋山訓久

p17〜20 特集PART2
 シリーズ「安全安心・快適の基本を見つめ直す(4)」/集客・交流としての近年のホテル状況 : 本杉勝彦

p21〜22 (街で見かけた)新業態を探る
 本に囲まれ、ゆったり過ごせるブックホテル「箱根本箱」 : 大滝道晴

p23〜24 くらしの情景
 これからの東京を牽引する湾岸のまち「江東区・豊洲」 : 渡邊あゆみ

p25〜26 風-社会の研究室-
 日本丸メモリアルパークとドックヤードガーデン : 山本一吉

p27〜28 TECHNICAL・CONTENT
 リサイクル内装ボード「SOLIDO typeF coffee」 : 大滝道晴

p29〜30 空間へのアプローチ
 円形の機能とイメージ : 金城正紀

p31〜32 商力(あきないぢから)
 寄席(よせ)を楽しもう! : 山本一吉

p33〜34 「みせ・商い」塾、はじまりました。

p35 連合会からのニュース

p36 ことばKnoeledge
 飲食店業界(レストラン・バー)の呼称 : 古川紳太

p37〜38 新しい活動をめざして「共感の資格へ」

p39〜40 時代を超えて。-こだわりの店-
 書画用品・和文具 有便堂 : 渡邊あゆみ

p41〜42 若きデザイナーの発想とその原点
 フードコート進化論 : 小関理恵

p43〜44 演/遊
 靴作りとグラフィックデザイン : 相原 優

p45〜46 人と場
 最初に川ありき/水と緑に魅せられて 川辺で冴える個店2例


18-s-1.jpg

2018/10/10(Mon) 16:19    no. 18