公益社団法人商業施設技術団体連合会

商業施設士 上位資格(マイスター・シニア)制度

 平成19年度より策定した、商業施設士 上位資格。

 上位資格には、「マイスター商業施設士」「シニア商業施設士」があり、以下の通り、簡潔に明記致します。

 「マイスター商業施設士」は、商業施設・流通サービスについて全般的に広く高度な専門性と見識を持ち、社会に広く商業施設士制度を普及することを通して、商業及びまちづくり等の発展・向上に貢献し得る商業施設士に付与する称号

 「シニア商業施設士」は、商業施設士としての一定期間の実績を積み、更に商業及びまちづくりに対して積極的な改善、提案をする意思のある者に付与

 このうち、「マイスター商業施設士」認定に関しては、一定の基準を設け、書類提出による審査を行った後、審査を通過した方に登録を付与しております。

 現在、「マイスター商業施設士」は、38名認定しています。

 平成19年度から認定を行っておりますが、商業施設士資格者の方の中には、経験、職務履歴、社会への貢献度など、次世代への指導、普及に優れた能力のお持ちの方が数多くいらっしゃることと思います。

 その優れた実績、能力をもとに、ぜひ、商業施設業界のさらなる発展に一層お力添えを賜りたく、ここに上位資格ならびに「マイスター商業施設士」制度を通し、ご申請の機会としていただければ大変幸いでございます。

公益社団法人 商業施設技術団体連合会

資格委員会

1.商業施設士“上位資格”策定の経緯

 

 

2.「マイスター商業施設士」認定基準

 

 

2.-1 「マイスター商業施設士」審査・登録等の手続きの流れ

 

 

2.-2 審査書類の受付、審査に必要な書類について

所定用紙A(ダウンロード
所定用紙B(ダウンロード)(所定用紙Bの記入例
所定用紙C(ダウンロード

所定用紙D(ダウンロード

 

 

2.-3 マイスター商業施設士 登録証について

 

 

3.「シニア商業施設士」の認定基準

▶ シニア商業施設士 登録証について

※「シニア商業施設士」に該当する方へは、登録更新期にそれぞれご案内致します。